所得証明書不要 クレジットカード



所得証明書不要なクレジットカードについて

更新日:2017/08/18

多くの方はクレジットを発行してもらうときに所得証明書が必要になると思われますが、実際はそのような所得証明書不要でクレジットを発行してくれる業者というものはかなり沢山有ります。銀行系のカード会社もそうですし、消費者金融系のカード会社にも所得証明書不要で作成してくれるところ数多くあります。そのようなカード会社を利用すれば、わざわざ所得証明書を提出する必要が無くて、とても便利になってくるものと思われます。ですので、これからクレジットカードを作られる方は、そのような所でカードを発行してもらってみましょう。

全てインターネット上で申し込みが完結してしまう所もありますので、かなり作るのは簡単になっています。ちなみに、そのような所得証明書不要のところでも一応会社への在籍確認はありますので、ちゃんとした企業に勤めているということは重要です。また、そのような在籍確認の電話が入るということがありますので念のための注意は必要です。まさらに、所得証明書不要でも、審査の結果によっては発行を見送られることもありますので、必ず作ることが出来るというわけではありません。ですが、普通の仕事をしている人ならば大抵は審査に通りますので、クレジットカードが必要な方は申し込みをしてみて下さい。クレジットカードはとても便利なものですし、現在はクレジットカードで支払をした直後に預金から引き落としされるといったサービスも有りますので使いすぎを防ぐことも可能です。また主婦でもクレジットカードを発行してくれる金融機関も増加していますから、よく調べてあきらめないことが必要です。

即日発行できるクレジットカード


普通はクレジットカードは申し込みをしてから発行までに時間がかかるイメージがありますが、探してみると即日発行が可能なクレジットカードがありました。 しかも消費者金融で取り扱っており、申し込みをして発行までがとにかく早いのです。申し込みは通常のキャッシングの申し込み方法と同じでネットや無人ATMでできるのですが、直接無人ATMで申し込みすれば一時間かからず発行する事ができます。 カードの取り扱い方は少し違い、お店での買い物の時に選べる支払い方法が一括払いしかできない事です。でもこれは、返済の時に自然にリボ払いになっているため、特に問題はありません。

通常でしたら毎月銀行口座からの引き落としになりますが、このカードでは通常の消費者金融の返済方法と同じになり、自分で返済しなくてはいけません。 返済の時に提示されている返済金額でリボ払いしてもいいのですが、その場で一括で払う事もできます。ただ返済方法が違うだけで、通常の買い物時の使用方法は同じですので問題なく受け入れる事ができると思います。 もしすぐにでもクレジットカードが欲しい場合は、即日発行できる消費者金融で申し込みしてみるのも良いのではないかと思います。



クレジットカードで海外旅行を存分に楽しもう

今やクレジットカードは、海外旅行をする時の必須アイテムです。飛行機のチケットからホテル代、旅行先での買い物や食事、万が一の保険、チップ用現金のキャッシングに至るまで、クレジットカードがあれば、何でも使えてしまうのです。そんな海外での利用におけるクレジットカードの魅力や、選び方のポイントを紹介します。

クレジットカードは海外旅行でこんなに使えます

かつて海外旅行をする時には、あらかじめ日本円を渡航先の通貨に両替する必要がありました。または安全のために「トラベラーズ・チェック」という旅行用の小切手を購入して、使うたびにサインするという方法もありました。けれども今はこれらを使わなくても、クレジットカードさえあれば、渡航から海外での出費まで、ほとんどを賄えてしまいます。

例えば航空券やホテルの予約はインターネットで申し込み、クレジットカードで支払えば簡単です。飛行機にはネット上でチェックインを行い、搭乗券をプリントして持参すれば、カウンターで手続きをしなくても、荷物を預けて保安検査場を通過すれば、もう乗れてしまいます。

時間に余裕があるなら、空港のラウンジに入ってみましょう。無料でドリンクサービスを利用できて、雑誌や新聞を読みながらソファでくつろげます。ビジネス用のスペースやパソコンが設けられたり、シャワーを使えるラウンジも。本来は航空会社の上級会員かファーストクラスの利用者で無ければ入れませんが、クレジットカードによっては付帯サービスで利用できます。

現地についたら、ATMでキャッシングします。多くの国ではチップを渡すのが慣例になっているので、最低でもその分の現金は用意しなければいけません。キャッシングの利用にはATMの手数料や、返済までの利息が発生しますが、両替にかかる費用や手間を考えると、とても手軽でお得です。

ホテルのチェックインはクレジットカードを提示すればスムーズです。レンタカーを使用する時もクレジットカードが信用の証となって、問題なく借りられました。現地での買い物や食事の支払いには、ほとんどクレジットカードを利用できます。現金の出番はレストランでのチップか、クレジットカードを使えない小さな店での買い物くらいです。

万が一、盗難されたり紛失しても、現地にあるカード会社の窓口に連絡すれば、日本語で対応してくれます。その場で再発行してくれたり、当面の現金を貸してくれることも。スキミングの被害に遭って、心当たりのない請求があっても補償されるので支払わなくてもいいのです。

カード会社によっては、現地の窓口でコンシェルジュサービスを実施しているところもあります。カードのクラスにもよりますが、コンサートのチケットを予約したり、交通機関の手配をしてくれます。

海外旅行で心配なのは、急な病気やケガ。そんな時も治療費をクレジットカードに付帯されている海外旅行保険でカバーできます。帰国するまで現金を使ったのは数回だけで、ほとんどがクレジットカードで済んでしまいました。また、クレジットカードを保有していることで、信用されたり、万が一の出来事にも対応できたのです。

このようにクレジットカードがあれば、便利で安心な海外旅行ができます。けれども、すべてのクレジットカードが海外旅行に適しているとは限りません。せっかく活用するなら、お得で役立つクレジットカードを選びたいものです。

特に重視したいのが以下の5点です。

1.マイルをどれくらい貯められるか
2.よく利用する旅行サイトやホテルでお得か
3.海外旅行保険の補償内容
4.付帯サービス
5.年会費とステータス
一つずつ確認してみましょう。

クレジットカードはマイルを貯められる強い味方

各航空会社では、飛行機の搭乗距離に基づいて「マイル」というポイントを付与する、マイレージサービスを実施しています。日本ではJALやANAが有名ですが、世界的にも多くの航空会社が参加しています。

もし、就航されていない地域の路線を利用したいなら、同じ航空連合に加盟している別の航空会社にマイルを移すこともできます。スターアライアンス、ワンワールド、スカイチームという三大航空連合があり、JALはワンワールド、ANAはスターアライアンスに加盟しています。

ただし、出張の多いビジネスマンならともかく、年に1回くらい海外旅行するだけでは、なかなかマイルが貯まりません。JALもANAもマイルの有効期限は3年です。そこで航空会社提携のクレジットカードを利用すれば、ポイントをマイルに換えられるので、貯まりやすくなります。

JALにしてもANAにしても自社で発行するクレジットカードが、もっともマイルを貯めやすいです。特にJALカードは特約店や航空券での利用でボーナスマイルが付きます。ANAカードも飛行機に搭乗するだけでボーナスマイルが付きます。

飛行機をそんなに利用する機会が無いのであれば、よく使うスーパーや通販サイト、交通機関などと提携しているカードを使えばポイントを貯めやすく、多くのマイルと交換できるでしょう。

また、アメリカンエキスプレスのANAカードのように、旅行向けのサービスが充実しているタイプをえらべば、マイルが貯まる以外にもお得がいっぱいです。

マイルを貯めることに特化したクレジットカードは年会費が発生する場合が多く、ポイントをマイルに交換する際にも手数料を取られます。ただし、そのような費用がかかってもマイルをお得に獲得できたり、費用以上の付帯サービスを利用できるので、結果的には元を取れるのです。

ホテルや予約サイトがクレジットカードの利用でお得に

海外旅行のたびに、同じグループのホテルを利用すれば、システムや建物の作りなどが似ているので、初めて行く場所でも戸惑わずに済みます。特定のホテルを気にいって、常宿にしている人も大勢いるのです。

航空会社と同様、ホテルのポイントプログラムもいくつかの連合があり、シェラトンなどが参加している「スターウッド・ホテル&リゾート」や、ヒルトンによる「ヒルトン・ワールドワイド」、「インターコンチネンタルグループ」があります。

前者2つはポイントに1年の期限がありますが、それまでに新たな利用があれば持ち越せるので、年に2回海外旅行をするなら、数年で無料宿泊できるほどのポイントを貯められます。

スターウッドと提携しているクレジットカード「SPGアメックス」であれば、ポイントを貯められるだけでなく、ホテルの会員ステータスを上げてくれるます。マイルに交換することもできるので、年1回の海外旅行でも効率よくポイントを貯められるでしょう。

また、毎回同じ旅行予約サイトを使っているなら、そこで発行しているクレジットカードで精算すればお得です。例えば「じゃらん」を運営するリクルートの「リクルートカード」は、貯まったポイントを「じゃらん」で使えるので、実質数%の割引を受けたのと同じことになります。年会費のかかる「リクルートカードプラス」であれば還元率は2%です。

海外旅行保険は補償内容をしっかり確認しよう

「海外旅行保険」は、クレジットカードの付帯サービスの中でも大きなアピールポイントになっています。海外では日本と違って健康保険を使えないため、海外旅行保険を掛けていると安心です。特に慣れない場所で慣れない行動をする時ほど、ケガや急病の可能性は高くなります。

けれども、クレジットカードによっては十分な補償を受けられなかったり、思っていた補償に対応していない場合もあるので、海外旅行で利用するなら、しっかりと確認しましょう。
自動付帯か利用付帯か
「自動付帯」は、そのクレジットカードを旅行の支払いに利用しなくても、一緒に持っていくだけで保険が適用されるものです。一方「利用付帯」は、航空券やホテル代などの支払いにクレジットカードを利用しないと保険が有効になりません。自動付帯の方が間違いないでしょう。
補償額は合算できます
複数枚のクレジットカードそれぞれに海外旅行保険が付帯されている場合は、補償額が合算されます。例えば体調を崩して「傷害疾病補償」を利用する時、片方のカードで100万円、もう片方のカードで100万円の枠があれば、両方で200万円まで治療費を補償できるのです。

ただし、死亡時や後遺障害が残った時の保険は合算されず、補償額の高いクレジットカードの海外旅行保険を適用します。
補償内容は要確認
一口に海外旅行保険と言っても、補償の範囲が限られている場合があります。いざケガの治療に使おうと思ったら「死亡補償」しか無かったなんてケースも。そうならないためにも補償内容はしっかりと確認しましょう。

「死亡補償」はもちろん大事ですが、利用頻度が高いのはケガや病気の治療費、壊したり紛失した携行品の再購入などです。特に海外では治療費が高く、盲腸の手術だけでも200万円ほどの費用がかかります。

また、海外では飛行機の遅延や欠航が多く、それが原因で乗り継ぎの便に搭乗できなかったり、待機のために追加のホテル代が必要になる場合があります。手荷物だけが間に合わなかったり、紛失することも。そんな時、アメックスゴールドのように、飛行機遅延や乗継遅延、手荷物紛失・遅延による出費を補償してくれるクレジットカードもあります。
覚えておきたい海外旅行補償のあれこれ
  • 「死亡補償」はケガを原因とするものだけで病死は対象外
  • クレジットカードの海外旅行保険は90日間しか補償できない
  • 保険事故で発生した費用は一時的に立て替えなければならない
  • 保険金を受け取れるのは帰国後に請求手続きをしてから
これらをカバーしたいのであれば、損害保険会社が提供する海外旅行保険を検討した方が良いでしょう。

クレジットカードの魅力的な付帯サービス

先ほど、クレジットカードの付帯サービスで空港のラウンジを利用できることに触れましたが、他にも海外旅行をする上で魅力的な付帯サービスがあります。

例えばJCBは海外の主要都市に「JCBプラザ」を設け、カードの紛失や盗難に対応してくれたり、急病時の医療機関への連絡、現地の加盟店情報などの紹介、ホテルやレストランの予約やチケットの手配など、海外旅行をあらゆる面でサポートしてくれます。しかも日本語対応なので心強い存在です。

アメックスでは、自社で発行しているグリーンとゴールドのカード利用者であれば、海外旅行の際に手荷物一つを行きは空港、帰りは自宅まで無料で送り届けてくれる「手荷物無料宅配サービス」を用意しています。

他にも指定された店舗での買い物がお得になるクーポンを発行していたり、現地の携帯電話網を利用できる端末を貸してくれるクレジットカードもあります。これらのサービスを確実に利用するために、クレジットカードに付属している、サポート窓口の電話番号や住所が書かれた手引きの冊子は必ず持って行きましょう。

ゴールドやプラチナは高い年会費を払うだけの価値があるの?

ここまで紹介してきた様々なサービスには、一般のクラスではなく、年会費の高いゴールドやプラチナのクレジットカードでなければ受けられないものが多くあります。年会費は、ゴールドで1万円前後、プラチナになると5万円前後が主流です。

年会費無料のクレジットカードが多い中、わざわざ年会費を払うことに抵抗を覚える利用者も多いかもしれませんが、ゴールドやプラチナクラスのカードには、高い年会費を払うのにふさわしいサービスがたくさん用意されています。

例えばプラチナカードで利用できるコンシェルジュサービスでは、国内外の旅行プランを作成して航空券の手配から宿泊先の予約まで引き受けてくれたり、誰かの紹介が無ければ利用できない一見さん向けのレストランで食事できるなど、多忙な人の右腕となって動いてくれます。

他にもレストランの同伴者が無料だったり、ホテルのスイートルームが半額になる割引サービス、医療機関の紹介や、中にはジェット機をチャーターして就航路線の無い地域へ乗り入れできるプラチナカードもあります。これらのサービスを年に数回利用すれば、十分に年会費の元を取れるでしょう。

また、ゴールド以上のクレジットカードを持つことは、海外でステータスの証明になります。ゴールドにしてもプラチナにしても会員になるためには、年収や利用額、年齢や職業など一定の条件を満たす必要があります。これらのカードを保有できることで、その人には支払能力があり、そのサービスを受けられるだけの資格があるとみなされるのです。

特に冒頭で触れたように、ホテルやレンタカーの利用ではその辺りを厳しくチェックされます。海外でスムーズにサービスを受けるためにも、ゴールド以上のクレジットカードは必須と言えるでしょう。もちろん、付帯サービスは劣りますが、最近では年会費無料のゴールドカードも存在します。

クレジットカードの海外利用で気をつけたいこと

海外旅行でクレジットカードを利用すると、とても便利ですが、いくつか注意しなければいけない点があります。
2枚以上持っていく
1枚だけだと、万が一カードを紛失したり破損するなど突然のアクシデントが発生した時に不便な思いをします。また、カードを読み取る機械やATMの相性で使えないケースもあるので、もう1枚予備で持っていくと安心です。

できればVISAとJCBのようにブランドが、三井住友とジャックスのように発行元が異なる組み合わせをお勧めします。ブランドによっては使えない店舗もありますし、発行元が同じだと、それぞれのクレジットカードに10万円の限度額があっても、一つの会社の限度額とみなされてしまうので、20万円ではなく10万円しか使えないのです。

あまりクレジットカードの枚数が多いのも、管理が大変だったりポイントが分散するなどのデメリットがあるので、多くても3種類持っていけば十分でしょう。海外では万が一の盗難に備えて1枚は財布、1枚はカードケースなど別々に保管した方が安全です。
1枚はVISAにした方が安心
クレジットカードの隅にあるブランドマーク。日本ではJCBブランドのクレジットカードが多いですが、海外では意外と使えないことが多いのです。実際に海外で単一のブランドにしか対応していない店舗の状況を見ても、全体の5割がVISAで、3割がMasterCard、JCBに至っては3%にも達していません。アメックスやダイナーズはJCBよりもシェアは大きいですが、使用できるのは高級店に限られる場合がほとんどです。

海外で利用する時は、このブランドで可否を判断します。複数枚持っていくならVISAは必ず含めた方が無難です。ハワイや台湾など、日本の観光客が多い地域であればJCBを使えますし、充実した付帯サービスを利用できるならJCBをもう1枚として持って行っても良いでしょう。
限度額の引き上げを忘れずに
海外旅行でクレジットカードをフル活用すれば、その分だけポイントが貯まります。けれども、闇雲に使ってしまうと限度額をオーバーして、以降の買い物の支払いやキャッシングが出来なくなってしまうことも。そうならないためにも限度額は事前に確認しましょう。

限度額はクレジットカードの利用実績によって増えますが、海外旅行のため一時的に引き上げることも出来ます。複数枚のクレジットカードを持っていくのは、このような時にも安心なのです。
返済方法を確認しよう
海外旅行が終わったら、後日クレジットカードを利用した分の請求が発生します。この時に一括払いのつもりだったのが、リボ払いになっていたことが結構あるのです。国内では一括払いでも、海外での利用はリボ払いに設定されているクレジットカードもあります。このような思い違いを防ぐためにも、事前に返済方法を確認しましょう。

リボ払いは毎月の支払いが一定額である反面、金利手数料を多く払わなければいけないデメリットがあります。けれども「自由払い」に対応していれば、返済額を自由に設定できたり、繰り上げ返済ができるなど、一括払いよりもお得になる場合もあります。月の返済額を引き上げれば、その範囲なら一回払いも可能です。

ちなみに海外で支払う時には、ほとんどの場合、自ら支払回数を指定できませんし、尋ねられることもありません。クレジットカードに設定された返済方法に準じます。

さいごに

多く発行されているクレジットカードの中で、すべてのニーズを満たす万能なカードを1枚選ぶのは難しいですが、複数枚のカードを組み合わせることで、満足度の高い海外旅行に出来ます。

例えば、メインはマイルやポイントの還元率が高いものを選び、支払いでガンガン使う。ブランドはVISAであれば間違いないでしょう。サブでは付帯サービス目的で選ぶと同時に、メインが使用できない時のスペアとして使う。例えばJCBやアメックスなどです。2枚分の限度額や補償があるので、1枚よりも心強いでしょう。

カードを申し込んでから手元に届くまでには1週間ほどの日数がかかるので、これからの海外旅行は、どのクレジットカードを持っていくかも一緒に考えたいものです。

クレジットカードのメリットを精一杯活かして、海外旅行を存分に楽しみましょう。

↑ PAGE TOP